Lugdy ラグディ

Lugdy ラグディ
ラグディの取扱説明書
ラグディを時計回りに回す
髭剃り後にラグディで青み隠し
オススメ度 購入価格 脱毛効果 ヒゲに使える?
2,990円 青ヒゲを隠す

黒ひげ長老のLugdy ラグディ解説
Lugdy(ラグディ)はヒゲを剃った後の青みを隠すための「スティック型ファンデーション」。
イメージとしてはサイズの大きいリップクリームのような感じでファンデーション自体のニオイは特に無し。

 

使ってみた率直な感想しては、大多数の人にはあまりオススメできないという印象。元々ヒゲが薄い者であればきっちり隠せるかもしれんが、ワシぐらいの髭の濃さだと数回塗っただけでは隠すというよりも「ヒゲの黒さに肌色が混じって青くなる」という感じで、これだけでヒゲの青みを全部消すというのはまず無理。期待し過ぎるのは禁物じゃ。

 

そして、塗った部分はラグディ自体のファンデーションの肌色が目立つので、すぐに周りの人に気付かれること間違いナシ。体験の写真では5回ぐらい塗ったんじゃが、この状態で普通に嫁に「明るい所だとスゴイ目立つ!」って言われたぞい。特にワシは肌に赤みがあるので、ラグディを塗った箇所とそうでない所の境目がハッキリ分かるというのも影響していると思う。

 

元々の肌の色が、ラグディのファンデーションの肌色と全く同じであれば塗っても特に違和感はなく仕上がると思うが、ちょっとでも肌の色が違う人が使う場合は、ヒゲの部分だけでなく顔全体に塗らないと変なコトになるじゃろうな。

 

ラグディ自体は口周り以外にもホホや鼻の穴の周辺、クマ消しとして目の下にも使うことを想定しておるようじゃが顔全体にラクディを塗る時間があるんであれば、いっそのこと永久脱毛した方がラクだと思うぞい。使い方としては普段使いというより、履歴書や免許証の証明写真撮影時に使うというようなスポット使いであればアリかなと思うぞい。

 

 

青ヒゲを隠すスティック型ファンデーション:Lugdy(ラグディ)を使ってみた感想

 

ラグディのパッケージ表面
パッケージの表面
ラグディのパッケージ裏面
パッケージの裏面
ラグディのツメ部分〜人の魅力は細部に宿る〜
〜人の魅力は細部に宿る〜
リップクリームを大きくしたラグディの形状
リップクリームを一回り大きくした形状
すべ肌ファンダスティック取扱説明書
目の下やホホ、鼻の脇にも使える
ラグディの使用上の注意
ラグディの使用上の注意
ラグディを上からみるとこんな感じ。直径1.5cmぐらい。
上からみるとこんな感じ、直径約1.5cm
ラグディは時計回りに回すと中身が出てくる
時計回りに回すと中身が出てくる
ラグディを最大に伸ばすと約3cm
最大に伸ばすと約3cmほどに

 

ラグディを実際に使ってみた

ラグディを試しに鼻下のヒゲ左半分に塗ってみた
試しに鼻下のヒゲ左半分に
左半分のヒゲだけラグディを塗った状態
左半分のヒゲだけ塗った状態
右半分にもラグディ塗って指で押し込む
右半分にも塗って指で押し込む
ラグディを塗る前のヒゲ
これがラグディを塗る前のヒゲ
ラグディを塗った後のヒゲ
全体にラグディを塗った後のヒゲ
ラグディを塗った後にティッシュで鼻をかんだ
鼻をかむとラグディが取れた…

 

使ってみた感想

 

ラグディは最長に伸ばすとファンデーション部分が約3cmほどで、
鼻下のヒゲに1回使用すると3〜5mmぐらい使うので
単純計算10回ぐらい使用すると無くなってしまう。

 

何回重ね塗りするのか、どの部分を塗るのかによっても違うが
毎日使うとなるとお金が掛かり過ぎるかも。。。

 

 

実はラグディを付けた後、何気なく鼻をかむとティッシュにファンデーションが…
女性からしたら当たり前かもしれんが、男性のワシからしたらちょっと驚きの体験。
鼻をかむ時に気を使ったり、ファンデが取れた部分にもう一度付け直したりするのも
ちょっとストレスを感じてしまう。

 

またラグディを朝つけると夕方ぐらいになって
ヒゲが伸びてファンデーションを突き破ってくる点も気を付けないといかんのう。

 

結論としてはあまりオススメできん商品じゃ。

 

青ヒゲを隠すスティック型ファンデーション:Lugdy(ラグディ)を使ってみた感想

宜しければポチッとお願いします。