Qヒゲ脱毛や身体の脱毛を受けられないケースはありますか?
慢性の病気や飲んでいる薬によっては脱毛を受けられない場合があるぞい。

 

ざっくり言うと

  • 現在、または過去に大きな病気があるかどうか?
  • 現在、薬の服用をしているかどうか?

この2点に引っかかるとメンズ脱毛を断られるケースがあるぞい。

 

例えば、重度の糖尿病や高血圧、ぜんそく、腎疾患、心疾患、肝疾患、
不整脈、脳梗塞、内分泌疾患、膠原病、ガン、精神疾患といった
慢性的な病気や大きな病気を患ったことがある場合は脱毛を断られるケースも。

 

糖尿病を患っていると血管がもろくなっているので
そこにレーザーやフラッシュ光を当てると、
内出血を起こしてしまう危険性があるようじゃ。

 

また、アトピーやじんましんなども基本的には受けられるが
状態が悪い場合は、それらの症状を治してから脱毛を受けるように
勧められる場合もある。

 

最後に精神安定剤や抗鬱剤などを服用している人も
脱毛NGと言われるケースが多いので、できれば事前に電話確認するか
カウンセリングの最初で聞いてみるべきじゃな。

 

ちなみにとある脱毛メンズエステではビタミンサプリを飲んでいるだけでも
ヒゲ脱毛を断られたケースがあるみたいじゃ。

 

ヒゲ脱毛や身体の脱毛をする前に、皆がよく感じる疑問をまとめたぞい!
>>よく読まれている男の脱毛Q&A

宜しければポチッとお願いします。